法人化サポート | 北九州の会社設立・独立開業をサポートは服部合同事務所

北九州の会社設立手続きは服部合同事務所。北九州の会社設立を応援!

北九州で服部司法書士事務所が会社設立のわからないを全て解決!会社設立・独立開業をサポート運営:司法書士服部忠典事務所( 城野駅徒歩1分 駐車場完備 )お問い合わせ

  • TOP
  • 法人化サポート

法人化サポート

会社を立ち上げるのと個人事業主、どっちが得?


これから起業・開業をしようと考えた場合、まず悩むのが”会社をつくった方良いのか?
それとも個人事業主の方が良いのか?”ということだと思いますが、そのどちらも一長一短あって、なかなか判断をつけるのは難しいと思います。

そこで、 それぞれのメリット・デメリットを簡単に整理してみました。
項目 法人化 個人事業主
信用力 信用力は相対的に高い
・新会社法以前の最低資本金制度のイメージから
信用力は相対的に低い
・法人でないと取引をしてもらえない場合もある
責任の重さ 有限責任制
・出資の範囲内で責任を負う
※株式会社・合同会社の場合
無限責任制
・事業に失敗した場合、全責任を負う
(個人保証)
 資金調達 資金調達も比較的しやすい
・金融機関からの融資を受ける際に有利な場合が多い
資金調達は比較的難しい
・金融機関からの融資を受けにくい
節税対策 節税対策がしやすい
・所得税、法人税を中心とした総合的な節税対策が可能
※但し、法人はたとえ赤字でも資本金額に応じて、最低でも7万円の法人住民税の均等割りで税負担が生じる場合もあります。
節税対策が難しい
・一定以上の利益が出ると、税率が高くなり、節税も困難に
消費税の免税 ・資本金1,000万円未満の会社は当初2年間は消費税免税 ・売上が1,000万円を超えると翌々年から消費税がかかる
人材の採用 人材採用の面で有利
・法人故のイメージと社会保険の加入で募集がしやすい
人材採用の面で不利
・個人事業のイメージと社会保険未加入で採用は難しい
社会保険の加入 社会保険加入で経費負担増
・社長1人でも社会保険加入義務付けで経費負担が増加
社会保険加入の義務なし
・社会保険に加入する必要がないため経費負担はなし


上記のように法人化におけるメリット・デメリットを整理しました。
ただ、法人化するかしないかの一番の判断基準は「法人化による節税効果」だと思います。

詳細は、当事務所提携の税理士法人事務所へご相談頂きます。
 

会社設立の個別相談・お問い合わせはこちらから

服部合同事務所へお気軽にご連絡ください!あなたの借金のお悩みを軽減します! bangou0001.png
kobetusoudan0001.png
sapo-toryoukin0001.png
 

トップページへ戻る
  事務所概要  ●スタッフ紹介  料金表
業務の流れ  アクセス  お問合せ